HACCPコンサルティング

儲かるHACCP、現場のHACCP構築を支援します 

「週刊HACCP」1222号:衛生管理の「仕掛け」5  靴底のゴミ取り

メールでも配信しています。「週刊HACCP」メルマガ登録(無料)。過去の記事はこちら

作業靴の底の滑り止めの溝にはゴミが引っかかり、よく洗わないままにすると汚れが拡散する。靴置き場が汚れる。そこで靴底が見えるように差し込む保管棚を使っている所も多い。

その靴底のゴミを取るのは面倒くさく、片足を上げてブラシを使わなければならないので、転ぶ人もいるし、いい加減にしてしまう人も多い。

そこで、ブラシを長靴洗浄槽の網に反対にして結びつけると、ここで靴底を擦ればきれいになる。壁側にステンレス板をミラー代わりに斜めに付けて靴底が見えるようにすると、簡単にきれいにできるようになる

次週へ

※過去の記事はこちら。これらの記事をメールでも配信しています。「週刊HACCP」メルマガ登録(無料)