フーズデザイン「現場のHACCP」ページへようこそ!
食品への異物混入対策HACCP,食品工場の改善に関する情報をさまざまご紹介しています。費用をかけずに実施できることがいくつも
弊社へのすべてのお問い合わせは上のお問い合わせ」タグよりお願いいたします
※記事を転載する場合は、出典を入れて下さい

セミナーご案内

 日程セミナーテーマ 内容 ご案内.申し込み.会場 料金
2/28(金)東京
3/31(火)大阪
12:30〜15:55
終了後交流会があります,参加自由
第3回バーテックフェア
HACCPを考慮した中小食品工場の改修と新設
---利益と衛生安全管理(信用)を確保する---
1.高効率の清掃洗浄方法と施設設備
2.高効率のレイアウトと製造動線の作り方と施設設備
3.新設の進め方


会場はこのチラシにあります


無料


6/1(月)〜2(火)の二日間コース
両日とも10:30〜16:30
 103回HACCPリーダー養成セミナー
参加対象:ISO22000,FSSC22000,HACCP導入予定、HACCPスタッフを更に強化増強したい、対応工場や機器システムの供給者(建設・エンジニアリング・食品衛生機器資材メーカー販売など)が開発営業スタッフを養成強化したい、手法を身に付けビジネスに活かしたい、等
1.ISO22000,FSSC22000,HACCP制度化と数多くあるHACCP認証の解説と相関関係
2.一般的衛生管理の構築実務手法
3.HACCP12手順の構築実務手法
4.FSSC22000での追加要求事項
6.マネジメント(仕組みづくり)
7.一般的衛生管理とHACCPの演習
8.一般的衛生管理とHACCPの現場事例ビデオ解説
* 修了証を発行します



有料

    「週刊HACCP : Web版」

    • 毎週この記事がメールで届くように → しばらく登録してみる
    • 1019号 ISO22000:2018年版のOPRP-1 2018年版になってOPRPの考え方が変わった

      一言でいうと、
      2005年版でOPRPは、重要なPRP。だったのが、
      2018年版では、準CCP。となった。
      この「準CCP」という言い方はフーズデザイン独自の理解と判断の上で、一方的につけたものだ。
      2005年版は、PRPとOPRPが一緒になり、「製造環境からハザードの低減」と記述している。そして、PRPが「多数」あるのに対してOPRPは「数カ所程度」としていた。
      これに対して2018年版のOPRPは、「製品からのハザード除去に寄与」とした。そして「準CCP」ともした。
      投稿: 2020/01/24 23:13、加藤光夫
    1 - 1 / 410 件の投稿を表示中 もっと見る »

    多くの工場で「使いやすい」「これはいい」と実感:順次追加中