フーズデザイン「現場のHACCP」ページへようこそ!
食品への異物混入対策HACCPの情報をさまざまご紹介しています。費用をかけずに実施できることがいくつも
工場を改修したい場合は”お金をあまりかけずに工場を改善する方法”を追求しています 特に中小工場対応
弊社へのすべてのお問い合わせは上のお問い合わせ」タグよりお願いいたします
※記事を転載する場合は、出典を入れて下さい

セミナー案内

義務化(制度化)になりますが、HACCPは既に取引基準になっています
早々に構築して運営することで、製品の安全確保と営業強化に繋げられます
このための実務重視のセミナーを行っています 機器システム資材の供給側の方もどうぞ
日程  セミナー     募集 開催地
6月10,11の2日間 
両日とも10:30〜16:30 
 HACCPリーダー養成セミナー2日間コース(修了証あり)
 ※ 2019年から2日間に凝縮したプログラムになりました
申込みフォームへ東京「きゅりあん」

    「週刊HACCP : Web版」

    • 毎週この記事がメールで届くように → しばらく登録してみる
    • 987号 ISO22002のハード面の要求事項に対応できない場合 陽圧-1 気流の調査

      ISO/TS22002‐1の6.4「空気の質及び換気」には「特定の空気圧差は維持されなければならない」、また.2「微生物学的交差汚染」のには「空気差圧」とある。
      これは工場内を陽圧構造にするということで、工場内の気圧が高ければ外部からの汚染や虫の侵入を防ぐことができる。よって、工場の清潔ゾーンになる製造エリアの気圧が最も高いのが理想的であり、そうすれば周囲にある倉庫や付帯施設がある汚染ゾーンからの汚染を抑えることができる。また、外に対して工場全体が陽圧ならよいことになる。具体的な気圧差の数値要求はないが、一般的に〜ヘクトパスカル程度が適当なようだ。
      FSSC22000の要求事項では工場内を陽圧に保つことが必須になるが、実際には逆に陰圧になっている所も多い。特に古くからある工場や増設を重ねてきた工場の場合、陰圧になってしまっていることが多い。その場合、空調で調節できるなら解決は簡単だが、空調の大掛かりな改善が必要になると対策にかなりの費用を伴うこともある。気圧は、測定器がなくても、境目の扉を少し開けて、どちらに気流が向かっているかを調べてみればすぐに分かる。軽い紙をぶら下げてみればよい。
      投稿: 2019/05/16 16:22、加藤光夫
    1 - 1 / 378 件の投稿を表示中 もっと見る »

    多くの工場で「使いやすい」「これはいい」と実感:順次追加中

    ・日本規格協会からISO22000-2018年版の解説書が1/31やっと出ました。以下からリンクしました。(今回のはちょっと高いですけど……)

    ・2018年版のPRPでは「ISO22002を考慮」とあります。把握するための解説本の一つに以下があります。