フーズデザインのホームページへようこそ!
”お金をあまりかけずに工場を改善する方法” を追求しています 特に中小工場対応
食品への異物混入対策HACCPの情報をさまざまご紹介しています。すぐに実施できることがいくつも。
弊社へのすべてのお問い合わせは上のお問い合わせ」タグよりお願いいたします。
※記事を転載する場合は、出典を入れて下さい。

2017〜18年 セミナー案内

義務化が決まり詳細討議中ですが、HACCPは既に取引基準になっています。
早々に構築して運営することで、製品の安全確保と営業強化に繋げられます。
このための実務重視のセミナーを行います。
機器システム資材の供給側の方もどうぞ。
日程(2017〜18年)  セミナー 募集
17年11月2日(木)東京開催 新設:HACCPリーダー養成セミナー(1日コース) (プライベート証)
ISO22000レベルを目指す場合、こちらをお勧めします。基礎から始める方も大丈夫
募集中
18年1月10日(水)~12日(金)東京開催 定例:HACCPリーダー養成セミナー(3日コース)  (修了証あり)
 HACCP導入型基準などの基礎導入を目指す、あるいは基本的理解にはこちら
募集中
18年3月2日(金)東京開催
18年3月23日(金)大阪開催
定例:速攻から始める食品への異物混入防止対策(午前)
定例:食品工場の点検と新造改修(午後)
準備中

    「週刊HACCP : Web版」

    • 毎週この記事がメールで届くように → しばらく登録してみる
    • 異物混入対策の調査ステップ-9.装置や棚の下,壁側の汚れ

      ある豆腐工場のレイアウト変更で、パック後の冷却水槽の移動をしたら、ひどい汚れだった。カビ、虫、細菌の温床になっていた。水槽の下の隙間が狭くて清掃ができない状態だったのだ。
      このような場所を見つけて清掃するには、狭い場所を清掃できるブラシなどを使うか、一時移動するなりする。そして、恒久的に改善する方法を考えることだ。
      例えば、床からもう少し上げて再設置する、棚なら最下段板を抜いて、キャスター差し込み式にする、といった対策を取る。
      同じように、壁側との隙間も汚染の温床になる。清掃することと、これも恒久的に改善するため、壁から15センチ以上離すなどの対策にする。
      投稿: 2017/09/15 16:38、加藤光夫
    1 - 1 / 295 件の投稿を表示中 もっと見る »

    サブページ (1): HACCP人材採用コーナー