フーズデザインのホームページへようこそ!
”お金をあまりかけずに工場を改善する方法” を追求しています 特に中小工場対応
食品への異物混入対策HACCPの情報をさまざまご紹介しています。すぐに実施できることがいくつも。
弊社へのすべてのお問い合わせは上のお問い合わせタブよりお願いいたします。
※記事を転載する場合は、出典を入れて下さい。

2017年 セミナー案内

日程(2017年)  セミナー内容 参加費
10月2日(月)~4日(水)定例:HACCPリーダー養成セミナー(三日間)  8/21から受付いたします。 
早めの席確保は,ここから予約(参加者名)をお願いします,受付開始時にご案内をメールします。
有料
※ 今年、全国無料セミナーはありません

    「週刊HACCP : Web版」

    • 毎週この記事がメールで届くように → しばらく登録してみる
    • vol.895 CCPの頻度監視と連続監視-2.食材の安定性とは

      例えば鶏の唐揚げを調理する場合、原材料が冷凍で、半解凍してからフライヤーに投入する場合、マイナス5℃±2℃程度なら安定してできるだろう。しかし、マイナス3〜10℃などという状態だと、調理後の中心温度がかなり変動する。この場合に安定させるには、油の温度を低めにしてコンベアのスピードを遅くすればある程度安定する。しかし調理時間がかかるのでコストは上がる。
      もう一つは食材の形状と質量だ。
      唐揚げ用のカットの重量が20グラムプラスマイナス3g程度に揃っているならいいが、15〜30グラムなどと不安定だと、やはり調理後の状態が不安定になる。
      形状では、コロッと丸い状態と、薄いスライス状態では、たとえ重量が安定していても、調理後は不安定になる。丸ければ調理時間をかけなければならないし、薄いのを丸い状態と同じように調理したらオーバークック(過加熱)になってしまう。
      投稿: 2017/06/16 18:58、加藤光夫
    1 - 1 / 283 件の投稿を表示中 もっと見る »

      その他諸々

      HACCP関連お勧め製品



      ・ビューローベリタスジャパン:ISO22000,FSSC22000認証

      ・タイムマシーン:温湿度管理・監視システム
      サブページ (1): HACCP人材採用コーナー