HACCPとは‎ > ‎

HACCPリーダー養成セミナー


HACCPリーダー養成セミナー

日本のHACCP義務化,HACCP導入型基準,ISO22000,FSSC22000を初めとする国内国際規格など

各種規格とガイドラインに統合対応

次回は,2017年10月2〜4日の開催で,8/21から受付いたします
早めの席確保は,ここから予約(参加者名)をお願いします,受付開始時にご案内をメールします。

主催・講師 株式会社 フーズデザイン 代表取締役 加藤光夫 <http://www.foodesign.net/>
180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-4-16 メゾン井の頭1202 FAX 0422-40-1926 

HACCP導入で必要なリーダー(主任)を養成します。
初心者にも対応しています。特長として、

(1)中・小型工場での導入に速やかにつなげられる現場、事例を重視
(2)文書作成用「書式原紙」がパソコンファイル(Excel)で提供
(3)構築手順が明確にされているので確実に進められる
(4)異物混入対策を強化
(5)施設設備の改善改修についての解説
(6)新人パート向け教育資料の提供

演習ではサンプル事例で行いますが、自社工場の図面と製造工程資料をご持参頂いた方は、自社に持ち帰って使える資料の作成も出来ます。 

参加対象: HACCP導入予定、HACCPスタッフを更に強化増強したい、対応工場や機器システムの供給者(建設・エンジニアリング・食品衛生機器資材メーカー販売など)が開発スタッフを養成強化したい、手法を身に付けビジネスに活かしたい、等。「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者として修得すべき内容(H9.2.3.厚生省通知)」に準じています。(演習を含むCPD時間数=13時間)。「修了証」が発行され、弊社ホームページに登録発表されます。(途中欠席や参加の交代は除外)

スケジュールと内容

1日目:午後2時〜430分:HACCPの基礎と準備(HACCPとは,承認の動き,なぜ必要か,危害、メリット、チェーン,構築の基本,一般的衛生管理の重要性,動線とゾーニング,HACCP対応工場の基本,コンピュータの導入について,HACCPの導入と費用、経営者の参画の確認、コーディネーターを決定、チームを編成、教育、導入ラインの決定、ISO22000取り組みのポイントと方法

2日目:10時〜430分:一般的衛生管理(PP):安全な食材を入れる.トレーサビリティー、衛生管理のしやすい施設設備(演習含む)、 製造における衛生管理、施設設備の衛生管理と保守、個人衛生、ロジスティクス、製品の情報とロット、教育訓練

3日目:10時〜430分:製品説明.原材料.使用法.対象消費者、製造工程フローダイヤグラム、施設の図面(ゾーニング、設備配置、動線)、フローダイヤグラムの現場検証、危害分析(HA)CCPの決定、CCPCL-管理基準の設定、CCPのモニタリング(監視方式)の設定、改善措置(逸脱処置)、(総括表作成の演習含む)検証、記録、管理と監査、マネジメント(維持する仕組み作り)

サイトへのスライドサンプル


解説スライドのサンプル

▽ 会場 東京、大井町駅前、きゅりあん

▽ 参加費 お1人 50,000(税込み、資料.CD付き) 食事は付いていません

 定員(40名)になり次第締め切りさせて頂きます、お早めにお申し込み下さい

▽ お申込みは、

Comments