異物混入対策


異物混入事故は食品メーカーにとって最も頭の痛い問題で、ゼロにすることは不可能です。
ゼロとはいきませんが、出来るだけ少なくするための活動はいつまでも続きます。
異物混入に関する記事をご紹介します。

低費用でできる異物混入対策、集中構築

異物混入徹底対策の構築ステップを以下で解説しています。

毛髪混入防止

異物混入クレームの中で最も多いのが毛髪によるものです。
ある工場でのクレームの内訳では8割が異物混入、その半分以上を毛髪が占めていました。
以下の記事は毛髪混入防止のための対策です。

さまざまな異物混入

異物混入事故、対策と回収

異物混入があった際に回収の判断が難しい場合もあるが何でも回収という風潮には問題があるし、食品産業そのものが成り立たなくなってしまいます。企業イメージのために必要のない回収をしている例も見られます。
一方でイカ原材料のサルモネラ事件などのように、時間がかかっているうちに商品が拡散して、何週間もの間、散発的に食中毒が起きてしまうという最悪の事態になれば、
これによるコストや不信感は莫大なもので、消滅する企業も出るでしょう。もし短時間で特定することが出来れば、コストも安く、信用もそれほど落とさずにすむでしょう。
以下では、回収の判断やいざ回収となった際の対策についての記事です。


毎週月曜日、上記のようなHACCPに関する記事をメールマガジンで配信しています。
このメールマガジンへのご登録はコチラです。
Comments