粘着ローラーかけの手順と、かけた後の確認

2013/04/11 17:02 に 松本リサ が投稿
毛髪混入を無くすためには粘着ローラーが威力を発揮します。ローラーかけで大切なことは、認識です、いかに大切か、いかに効果があるかを全員が知ることです。そのためには、簡単な実験をする効果的な方法があります。
休憩時間を15分延長するだけで出来ます。

作業をしている状態のまま、全てのローラーを持って、集まってもらいます。そして、新しい粘着面を出し、頭のてっぺんから、帽子全体→ 肩から背中の上側→腕の外側→腕の裏、わきの下から腰→首から、胸、腰、上着の下まで→背中から、上着の下まで→ズボンの前と内側→ズボンの後ろ側、と理想的な方法でかけます。いつもより時間がかかります。
かけ終わったら、粘着テープをはがして、どの程度誇りやゴミが付いているかを、じっと見て、確認してもらいます。そうすると、相当ほこりが付いています。中には毛髪がしっかり付いている人も出て来ます。
作業していた後そのままの状態でローラーをかけて、これだけほこりが付いているのかと、全員がびっくりします。認識します。この後、しっかりローラーをかけるようになります。テープを今まで3回使っていたところも、これで毎回取り換えることにするところも結構あります。



Comments