食品工場と厨房のユニフォームの洗濯

2013/04/11 16:22 に 松本リサ が投稿
ユニフォームの洗濯を、従事者が自宅に持ち帰って行なっている工場がありますが、衛生管理と、異物混入の問題があります。家族の洗濯物と一緒になり、下着や、極端な場合赤ちゃんのオムツも一緒になってしまいます。

ユニフォームが、糸くずが出ないものを使っていても、家庭内で使っている衣類はそうではありません。細かい埃も含めて、異物混入の元と一緒に洗濯することになり、それがユニフォームに付着して工場まで入り込んでしまいます。
干すのも、晴れていれば日光殺菌が出来ますが、そんな日ばかりではありません。干す場所によっては、埃、ゴミ、虫、枯れ葉などの付着の危険もあります。

ユニフォームを工場内の洗濯機で、ほつれ、ボタン、糸などの脱落が無いものだけを洗えば、異物混入の危険もありません。

ある工場では、ロッカー室に大型の使用済みユニフォーム専用のコンテナを置いています。作業が終わって、ロッカー室に行ったら、ユニフォームをその中に入れます。ポケットは付いていませんので、ゴミが入る心配はありません。その後、隣の洗濯室で洗濯、熱風乾燥殺菌します。

レンタル、リースの場合は、殺菌と異物混入の問題が無いかを、業者に確認しましょう。

Comments