ラップやビニール袋の破片の異物混入防止

2013/04/07 21:26 に 松本リサ が投稿
食品用のラップからの異物混入は、ラップフィルムを使いきったあと起こることが多いようです。
廃棄物の分別対策のために、カッター部分を外して燃えないゴミの方に捨てなければならなりませんが、この時、紙部分の破片が偶発的に食品に落ちてしまうことがあるからです。
また、水分で箱が傷んで、それがゴミとなったり、食品がこびり付いた手でラップカバーを持ち、その食品がカバーに付着し、乾き、落下してしまうこともあります。
こういった問題を防ぐためには、カッターを外す場所を、食品のある場所ではなく、分別ゴミ置き場に指定します。また、食品が付いた手でラップを扱わないルールにすることです。
この防止のために、詰め替え用プラスチック容器のラップカッターにすることも一つの方法です。
同じような異物混入でよくあるのは、ビニール破片です。
これは、真空パックしてあるソースや調味料などを使うとき、ハサミで開けますが、そのカットした破片が食品に入ってしまうのです。
袋は大体が透明ですから、発見は難しいのです。
これを防ぐには、切り離さないでカットすることです。また、捨てるときに確認することです。
Comments