どこにどれだけ毛髪が落ちているかの調査分析

2013/04/07 20:54 に 松本リサ が投稿
ある総菜工場では、5S活動の効果で異物混入クレームがかなり減ってきましたが、それでも毛髪混入クレームがわずかながら残っていました。
そこで、どこにどれだけ毛髪が落ちているかを調べてみることにしました。

カーペット清掃用の粘着ローラーを買ってきて、工場の清掃前に、
寿司作業室・盛り付台(下)・盛り付室・パック台(下)・手洗い場1・手洗い場2・ピッキング
各ブロックごとにローラーをかけ、それぞれ何本の毛髪がローラーに着いていたのかを調べたのです。

これを行なった結果、入場室の床に極端に毛髪が多いことがわかり、原因がすぐにわかりました。

この工場の入場方法は、入場室に入ったら、最初にエアプレッシャーで体についているゴミや埃を吹き飛ばしてから、粘着ローラーをかけ、手洗いをしていました。このときに、キャップに着いたりはみ出した毛髪、ユニフォームに時たまついている毛髪を吹き落としていたのです。
これはこれで効果があったわけですが、落ちた毛髪が工場内に入っていく可能性もあるわけです。
そこで、エアプレッシャーをかける場所を、入場室に入る手前にしました。これを終えてから、長靴に履き替えます。

検証したところ、十分に効果があり、実質的な効果も出ました。
Comments