異物混入対策の調査ステップ-9.装置や棚の下,壁側の汚れ

2017/09/15 16:38 に 加藤光夫 が投稿

ある豆腐工場のレイアウト変更で、パック後の冷却水槽の移動をしたら、ひどい汚れだった。カビ、虫、細菌の温床になっていた。水槽の下の隙間が狭くて清掃ができない状態だったのだ。
このような場所を見つけて清掃するには、狭い場所を清掃できるブラシなどを使うか、一時移動するなりする。そして、恒久的に改善する方法を考えることだ。
例えば、床からもう少し上げて再設置する、棚なら最下段板を抜いて、キャスター差し込み式にする、といった対策を取る。
同じように、壁側との隙間も汚染の温床になる。清掃することと、これも恒久的に改善するため、壁から15センチ以上離すなどの対策にする。
Comments