vol.952 熱湯殺菌での破壊検査のコストダウンと安全確保-2 投入前の浸漬槽内の湯の温度を測定

2018/08/23 19:07 に 加藤光夫 が投稿

槽の底と表層の温度を測定してみる。いつもの作業の投入前の状態で測定してみて、底と表層の温度が同じなら問題ないが、差がある場合は、安定した加熱殺菌のために、投入前に撹拌するなど、槽内の温度がどの場所でも一定になるように改善する。

投入前の製品の温度範囲を安定させる

湯槽に入れる前の製品の温度にバラ付きがあると、殺菌効果が不安定になる。
常温作業の後で入れるのか、冷蔵庫から出した状態で入れるかなど、投入前の温度をある程度の範囲に安定する必要がある。
いつもは常温作業の後そのまま入れるが、殺菌作業が待ち受けになった場合、その常温のまま待ち受けしたのか、冷蔵庫に入れたのかで、大きく違ってしまう。
Comments