vol.926 入退場手順-1 作業靴への履き替えと粘着ローラー

2018/02/15 16:25 に 加藤光夫 が投稿

サニタリールームを通って作業場所に入るまでの手順を合理的に考えることで、汚染を少なくすることが出来る。
よくある間違いは、エアシャワーの前に手洗いが入っていることだ。
エアシャワーはホコリを吹き飛ばすのだが、この前に手洗いをしてしまうと、埃が舞う、あるいは細菌の数十分の1の大きさの超軽量のノロウイルスが紛れ込んでいた場合、それが舞い飛んで、手に付着する危険もある。
エアシャワーのあとに手洗いを入れるようにする。
もし、今の設備が、エアシャワーの前に手洗いが入っていたら、手洗い→エアシャワーの手順はそのままでいいが、エアシャワーを出たあと、出た場所か、あるいは作業場所の近くで手洗いをするようにしたら良い。
ということで、入退場手順について考えてみる。

作業靴への履き替えと粘着ローラー

更衣室からサニタリールームまでは、スリッパや靴下のまま行くところが多いが、そのあと長靴やスニーカーに履き替え、粘着ローラーをかける。
あるいは反対になるが、更衣室からサニタリールームに行く間に粘着ローラーをかけ、サニタリールームに入ったら作業靴に履き替えてもよい。
ここで大事なのは、毛髪混入防止に効果があるのは、エアシャワーではなく、粘着ローラーだということを、従事者が認識しておかなければならない。
Comments