vol.925 HACCP義務化の基準B-7 チェーン店での安全監視

2018/02/08 17:31 に 加藤光夫 が投稿   [ 2018/02/08 17:32 に更新しました ]

チェーン店での安全監視はATP検査をSVで、あるいはスワブで拭き取って写メール

多店舗展開するチェーン店でどうしたら良いかという相談がある。
SV(スーパーバイザー)が店舗を回っていても、短時間の指導では限界がある。
店舗の場合一般的衛生管理が基本なので、拭き取り検査を定期的におこなう必要がある。SVがATP検査器を持ち歩いて検査を出来ればいいが、それも出来ない場合、店舗の方にスワブ検査キットを置いておく。
これは、専用の綿棒で検査対象を拭き取ると、汚れの状態によって色が変化をする。
これを本部で監視するには、拭き取って色が変化した状態をスマホなどで撮影して決められたアドレスに写メールすればいい。
Comments