vol.903 異物混入対策の調査ステップ-6.外との間の隙間

2017/08/25 0:22 に 加藤光夫 が投稿

虫はほんの僅かの隙間から入ってくる。その隙間を発見する。
探索は、工場が休みの昼間行う。
工場内の照明を消し、外との間、つまり壁側、シャッターの隙間、壁と屋根の間の隙間、出入り口ドアの隙間などを見ていく。
工場内が暗ければ、外の光が入っているのですぐに分かる。どんな小さな隙間でも見逃さないように慎重に見ていく。これで調べると、老朽化した工場でかなりの隙間が発見されることが多い。
隙間を発見したら、順次修理をしていく。
これで、虫の侵入経路が遮断される。
Comments