vol.868 ノロウイルス対策新動向-8 自宅からの持ち込みもある

2016/11/24 15:57 に 加藤光夫 が投稿
2014年に浜松市であった学校給食におけるノロウイルス集団食中毒では患者数1,271名になった。この原因を分析した国立感染症研究所のレポートの中で「作業着については、各自が家庭に持ち帰って洗濯していたため、頻度の点から十分に洗浄されていない可能性や、家庭からのウイルス持ち込みの可能性があった。(IASR Vol. 35 p. 164-165: 2014年7月号)」とある。
工場の作業衣を従事者の自宅に持ち帰って洗濯しているところがあるが、家庭の洗濯機の中は毛髪や糸くず等でゴミだらけの状態の上、細菌、ウイルスに汚染されている危険が十分にある。作業衣にノロウイルスを付着させて工場に持ち込むことになる。
作業衣は、工場内で洗濯するか、リースにする必要がある。
白洋舎の食品工場用作業衣クリーニング工場

Comments