vol.865 ノロウイルス対策新動向-5 手で触れるところを無くす

2016/11/03 16:35 に 加藤光夫 が投稿

手で開ける水道の栓はかなり汚染されている。手洗いするところが汚染されているわけだ。これは肘開けに交換する。簡単にできる。
トイレのドアノブも汚染源だ。肘開けにするなどにできたらより安全。
最も問題なのは、トイレ個室のロックだ。用便したあと、手を洗う前に触れるのだから、これが最も多い汚染源になる。これも肘開けに交換できる。また、用便後に水を流すノブも同じ。
要するに、手で触れるところを無くして、汚染源を作らないことだ。
用便後、トイレの蓋をおろしてから水を流すようにする。これもウイルスの飛散を防ぐ対策になる。蓋を下ろす時も、手で蓋を直接触らないようにする。
Comments