vol.863 ノロウイルス対策新動向-3 健康保菌者に対してどうするか

2016/10/21 0:51 に 加藤光夫 が投稿   [ 2016/10/22 19:34 に更新しました ]
これは工場運営の考え方になり、対応に苦慮している工場が多い。
特にパート・アルバイトが多い工場では、ノロウイルスを排出しなるまで工場を休むことになると、給料の問題をどうするかに直接影響する。
ノロウイルスの排出が無くなるまでの病院の検査費用がかかる上に、その間、例えば2週間ほどの給料をどうするか。工場が負担するのか、しないのか、あるいは失業保険的に例えば半額払うなどの対応をするのか。
更に、従事者本人だけでなく、家族にノロウイルス患者が出た場合どうするのか。工場によってはそれでも工場への出社をしないようにしているところもある。
人手不足の背景もあり、この問題になると経営判断になる。各社のトップの判断に委ねるしか無い。

キューピーでは「リゾパワーNV」という、ノロウイルスと他の食中毒菌に極めて有効な製剤を開発発売している。
Comments