vol.815 ロッカーで異物混入対策とコストダウンを-2 毎月使用者を変える

2015/10/29 19:59 に 加藤光夫 が投稿
ロッカーの下の段に私服を入れ、扉をして(汚れた私服を閉じ込めて)から上段に入れてある作業衣を着ける。下の段に入れた私服のゴミは落ちても床なので、作業衣は汚染されずに済む。

作業衣をロッカーと別の場所に置く

ロッカーの中に作業衣を入れておくと、私服と作業衣が一緒になるので、私服のゴミが作業衣に付着する。これを防ぐためには作業衣をロッカーと離れた場所に置き、私服をロッカーに入れてから作業衣の置き場所に行って作業衣を着けるようにする。

毎週の拭き掃除

多くの工場を見ていると、ほとんどの工場は個人のロッカーが決まっている。そうするといつの間にか私物が増え、ゴミも溜まっていく。
そこで、毎週の拭き掃除を義務付ける。単に掃除ではなく拭き掃除だ。絞った雑巾やウエットティシューでもいいからきれいに拭き掃除をすると、細かいゴミが無くなる。たった一週間でも結構汚れるものだ。

毎月使用者を変える

毎月使用するロッカーを替えると、ロッカー内を綺麗に保つことが出来る。切り替えが毎月なので、私物が増えることがないし、移動した後のロッカーが汚ければあとの人から文句が出る。ある工場では毎月のロッカー交代を決め、年間のスケジュールになって一年分を表示し、月末の日にロッカー引っ越しをしている。

Comments