vol.789 食品工場における異物混入対策-07/13 隅隙間を無くす

2015/04/03 1:38 に 加藤光夫 が投稿
工場内の機械装置の裏側、壁側、下の狭い隙間は、虫、カビ、細菌の住処で増殖源になる。清掃しにくいスノコの下、シンクと壁の間、シンクのオーバーフローパイプ内、機械室、スイッチボックス、不要品や使用していない機械とその置き場……
これらの場所は、壁と床の間はできれば15センチ以上離すと清掃がしやすくなるし、増殖源にならない。
壁との間を45センチ以上離せば人が入って清掃できる。
理想的には壁側には何も置かずにしておくと、汚染源が無くなる。汚れが付きにくく、汚染源にならず、清掃洗浄も簡単になる。移動やレイアウトを変えてできるだけ改善し、残ったところをしっかり清掃洗浄するようにする。

Comments