vol.745 ヒスタミン・緩慢冷却・委託-2 冷却の際のマニュアルが出来ているか

2014/05/24 15:47 に 加藤光夫 が投稿

冷却工程に入れる場合、投入する量、時間、形が決まっているだろうか。

量とは、この冷蔵(凍)庫で急速冷却する場合、一度に入れる量で、同時に冷却完了するまでの時間だ。

庫内の大きさと、一度に冷却出来る量は比例する。小さい冷蔵庫に大量に入れてしまうと、なかなか冷却されない。

形は、均一に冷却する為、どのような形で入れるかだ。

例えば、一枚のパレットに、5ケースを置き、その上に5段乗せる場合、各段の間に何も置かずに積み重ねてしまうと、中心部は回りの箱に保護されてなかなか冷却されない。

この場合、間に冷気を通す為に隙間を確保する貫通パレットを置く方法がある。

 

また、パレットに乗せたいくつかのブロックを、冷蔵庫の中にまとめて入れるよりも、離して置く方がよく冷える。

これらのことを、限界値を検証によって探り、安全値をかけて、急速冷却マニュアルにし、守る、つまりは記録を付ける事で、安全を確保出来る。

Comments