vol.736 毎月の目的を絞り込んだパトロール-3 目視発見出来る作業場所の照度

2014/01/31 23:58 に 加藤光夫 が投稿

混入する異物を発見するには、認識と見やすくなっているかだ。

認識は、作業者は目で見てやっているのだから、あれば見つけられるだろう、と思ったら大間違いで、製造する為の目と、異物発見する為の目では違う。異物発見する目的を持って製造することで、発見率は高くなる。

見やすくなっているか、については、その場所が明るいかだ。暗くては見えにくい。

数値でいうと、監視場所の照度が最低で500ルクス、出来れば700ルクスほどあるとよく見える。

パトロールは照度計を持って回ることになる。

暗い場所の対策は、スポットライトを付けるなり、照明を増やすか明るくすることになる。



Comments