vol.720 機器の校正-2 確認は頻度と使用前

2013/10/03 21:21 に 加藤光夫 が投稿
ISO22000の、8.3 モニタリング及び測定の管理 のa)には「定められた間隔または使用前に、国際または国家計量標準にトレース可能な計量標準に照らして、校正または検証すること。そのような標準が存在しない場合には、校正または検証に用いた基準を記録すること。」とある。
温度計の校正確認は、一般的には毎月が多いが、適正な頻度を決めて行なう。しかし例えば金属探知機やX線検査機は、毎日使用前にテストピースを流して正常に動くかを確認する必要がある。複雑な機械なので、昼休みのあとも確認する必要がある。検査対象が替わる度に微調整が必要になる場合も、その都度確認する必要がある。

Comments