1041号 入場記録をペーパーレス、タッチレスにする-2 タブレットで出来る

2020/07/09 15:07 に 加藤光夫 が投稿

更に、紙にボールペンで書き込んでいて、多人数の従事者がボールペンを握るので、汚染拡散だ。
このチェックの場所は多くの工場でサニタリールームで行っているが、ここで爪のチェックがあってももう間に合わない。
爪や手の傷は、工場玄関に入ったらすぐにチェックして、駄目なら対応してから更衣室に行かなければならない。
コロナだけではない、ノロウイルスでも同じだ。
そして、記録された紙では、そのままデータ管理が出来ない。監査側からは「承認が必要」と要求されるが、目をつむってハンコを押しているようなものだ。
簡単な仕組みならメールフォームを作ると同じようにタブレットやスマホでも出来る。質問→回答、の形だ。
爪を切っていますか? → はい いいえ
髪の毛が帽子からはみ出していませんか? → はい いいえ
という具合だ。ウエブサイトで「メールフォームの作り方」検索すると、優しい方法が色々出て来る。費用もかからないのがたくさんある。
更に、ランダムにセレクトなど、より突っ込んだプログラムにするには、アプリの開発もできる人が必要になるが、工場内でパソコンをいじるのが好きな人が居たら任せると張り切ってやるかもしれない。
そして、打ち込みは指ではなく、タッチペンで行う。100円ショップに行けばいろいろなタッチペンがある。これをタブレットの横に何本か、紫外線殺菌ランプの下に置いておけばいい。あるいは一人一本ズボンのポケットに入れておいたり、管理者や監視者なら首からぶら下げておけばいい。
従事者が多い工場なら人数にあったタブレットを何台か置いておけばいい。タブレットは1万円台である時代だ。
ではどうするのか、次週へ。
Comments