1038号 洗浄できないグリストラップの改修-1 洗いにくい一般的な枡形グリストラップ

2020/06/18 22:23 に 加藤光夫 が投稿

「グリストラップから臭いが発生し、虫と細菌の増殖減になって困っている」という問題をいくつもの工場で出会っている。
この問題はどこも共通で、一般的なグリストラップでは当たり前に出てしまうものなのだ。
一般的なグリストラップで枡形になったものは、床レベルの網を外すと中にはグリストラップの底に貫通している排水パイプがある。この排水パイプは底から10センチ程度上げてあり、その上にカップ型の蓋が乗せてある。
排水はこの蓋と排水パイプの間を抜けて排水されるので、下水臭はここで止められる。粘度の高い油は排水の上に浮き、排水パイプには入り込めないので、上に溜まることになる。洗浄のときに浮いた油を取り出せば、汚水だけになるので、排水管の中を汚しにくくなる。
これがこの型のグリストラップなのだが、問題はカップ式蓋を外して排水桝内を洗浄したくても、汚水は排水パイプが底から飛び出した分だけ残る(写真2)ので、このままでは全てが排水されないことだ。
この残っている汚水を排水して枡内をきれいにするには、大いに手間がかかる。
Comments