1029号 人手不足の中でのHACCP-1 まずは大掃除

2020/04/09 18:24 に 加藤光夫 が投稿   [ 2020/04/09 18:24 に更新しました ]
 大混乱

まずは大掃除で一般衛生管理の効率を良くする

多くの中小食品工場を見てきているが、不要なもの、無駄なものだらけのところがある。混乱と言った方は良いかもしれない。
要らないものを無くせば、作業場所が広くなり、清掃洗浄がしやすくなる。
家庭の年末大掃除では不要なものを捨てるが、そうすると家の中が広くなる。その後の掃除もしやすくなる。工場も同じだ。
工場の製造室で使わないもの、倉庫の肥やしになっている物を捨てれば、その後の清掃洗浄がしやすくなる。
先日もある工場に入ったらひどい状態だった。
作業室の壁側の棚に、使っていそうにないガラクタがたくさんある。「この中の不要なものをすべて捨てること」と言って帰り、2ヶ月後に行ったら、8割方無くなっていた。
「よくやった!」と一旦褒めたあと、まだ残っている棚を指して、要らないのがまだある、大物だ、といって、棚を撤去させた。余分な棚があればまたガラクタが置かれるだけだ。
Comments