1023号 緊急:新型コロナウィルス対策-1 更衣室の殺菌

2020/02/27 17:47 に 加藤光夫 が投稿   [ 2020/02/28 21:55 に更新しました ]
食品製造で新型コロナウイルスにどう対処したらいいか? という疑問がある。
これについて、厚労省のウエブサイトでは、以下とある。
-----
「新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。2020年2月21日現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。
製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。」(抜粋)
-----
これは、ノロウイルス対策と同じだ。作業者の手洗いや工場の洗浄作業が、そのまま新型コロナへの対策となる。
しかしながら、工場内での人と人の接触での感染やクラスターの危険は一般と同じだ。
食品工場でのこの場所は、更衣室、食堂や休憩室、事務所になる。
そこで、これらの場所を殺菌(ウイルス失活)する。
殺菌方法のガイドはやはり厚労省のサイトに出ている。
-----
「0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きましょう」(抜粋)
-----
となっている。
しかしながら、アルコールはノロに効果が無いので、新型コロナとノロを一緒にするなら、次亜ソー系か、あるいは最近アルコール系でノロにも効くのがいくつかのメーカーから出ているので、それを使ったらいい。
更衣室はロッカーの中まで殺菌したほうが効果的だ。
1.作業日(時間)の前に、ロッカーの中身をすべて取り出して、空にして帰ってもらう(あるいは会議室にでも置く)。そして扉を全開にして帰ってもらう。
2.更衣室内とロッカー内を対応剤で拭いたりスプレーをする。ノロウイルスと同じ対策にもなる。(会議室に置いておいたものも殺菌してしまう)

また、多少費用がかかるが、強力な効果のためには、以下がある。
更衣室、トイレ、サニタリールームを抗ウィルスコーティングをする。方法はここに相談。(フーズデザインから聞いたと言っていただければスムーズだと思います)
次週は洗浄についてご紹介します。

通路を無くす-2 シリーズは次回以降になります。
Comments