1006号 トイレ対策-3 肘開けにする

2019/10/11 19:15 に 加藤光夫 が投稿

本来なら工場内の手での開閉箇所をすべて肘開けにしたほうが良い。手の汚染が取っ手を通じて拡散するのを防止するためだ。
トイレに集中すると、トイレ内で特にノロ汚染が深刻なのは、個室ブースの鍵だ。
ここは用を足したあと、手洗いをしないで触れるところだ。最も手の汚染がひどい状態のまま鍵を開ければ、鍵が汚染されるのは当たり前だ。
そこで、この鍵を肘で開けられるように改修する。
ブースが空いているときの扉がブース内に開いた状態の場合は簡単で、鍵を肘開けに取り替えればいい。指でスライドして開け締めするタイプの場合、L字型や飛び出しボタン型の突起を取り付ければ簡単だ。
外側から開けるタイプの場合は、肘で引き開けられるような用具を取り付ける。
トレ内の手洗いの水道水栓は肘開けにする。
出入り口の扉も肘で開け締めできるように改修する。
Comments